更新 平成21年10月1日
 
御嶽神社奉賛会 



奉賛会設立の趣意

奉賛会趣意 本殿

御嶽神社奉賛会

                 住所 船橋市前原東5丁目43番1号

                 電話 047(474)0222




御嶽神社

御嶽神社の御祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)です。

この神社の起源は、もと大和の国(奈良県)の芳野(吉野)の里に祭られていた蔵王権現です。ここ前原は
江戸時代の開拓地で、当時非常に苦しい生活の時代であった延宝元年(1673年)に、初代上東野新助氏が
江戸鍛冶橋の行者釈仙竜師を伴い、前原開拓地
3ヶ村の守護神として蔵王権現を大和の大峰山から奉遷し、
住民の崇敬をあつめて村作りが行われ、それ以来開拓地の精神的シンボルとなって前原の地に根付いています。
明治維新の際に蔵王権現の称を御嶽神社に改め、その後昭和33年に、蔵王権現三尊立像は県有形文化財
に指定され、さらに社殿は火災と再建を経て現在に至っております。元旦祭・節分祭・例祭・七五三・日常の
祈祷などを通じて、歴史と伝統を持つ御嶽神社は前原地区の氏神様として住民に崇拝され、その神域は、緑濃
い森に囲まれた境内が、参拝者や地域住民の散歩道となり、憩いの場ともなって、親しまれています。




御嶽神社奉賛会の趣意

  前原・御嶽神社に対する奉賛・崇敬の心を持ち、神社の伝統ある祭事や貴重な文化財を維持伝承し、神社建物と
境内環境の整備などの諸活動を通じて、御嶽神社と地域社会の健全な発展を図るため、御嶽神社奉賛会を設立
いたします。



主な活動

 □諸祭典行事の奉賛協力

 □神社客殿・社務所と境内の清掃・整備などの奉賛協力

 □神社のその他行事への参加

 □その他、本会の目的を達成するために必要な諸活動



会員の種別と年間会費

 □普通会員   一口     1,000円  一口以上
□特別会員   一口 
    5,000円  一口以上
□法人会員   一口   10,000円  一口以上



会員の特典

□新年の御嶽神社神符(紙札)又は新年の御守りを無料頒布します。

 □特別会員以上には新年の御嶽神社神符(木札・中)を無料頒布します。
 □二口以上の特別会員(又はこれに準ずる会員)は、元旦祭、御毘射祭、節分祭、例祭の祈祷・
    直会に実費参加できます。
  



その他

 □会員には会員証と会則をお渡しいたします。
 □別紙「入会申込書」をコピーするなどして、社務所までお申込みください。
   「入会申込書」は社務所にもあります。
 □年会費は郵便局からATM、電信払込み請求書などで送金することもできます。
    記号10550  番号16308341  御嶽神社奉賛会あて
    送金料はご負担ください。
 □入会申込書記載の個人情報は、会の運営以外一切使用いたしません。


以上

 

入会申込書 PDF ←クリックして下さい

 





          御嶽神社奉賛会 会則

第一章 総則

第一条 名称

本会の名称は、「御嶽神社奉賛会」と称する。

第二条 事務所

     本会の事務所は、船橋市前原東五丁目43−1 御嶽神社社務所に置く。

第三条 目的

     本会は、御嶽神社のご神威発揚のために、崇敬者を増やし、信仰心の高揚に

努め、御嶽神社に対し積極的に支援・寄与することを目的とする。

第四条 事業

本会は前条の目的を達成するため、次の活動並びに御嶽神社の行う事業に奉賛

協力する。

1.御嶽神社の祭典行事並びに事業の奉賛協力

2.御嶽神社の全般に対し協力、特に環境を整え、設備の充実を図るため

積極的な奉賛協力

3.御嶽神社が行う各種行事の積極的参加による奉賛協力

4.その他、本会の目的を達成するために必要な諸活動

第二章 会員

 第五条 会員

1.本会の目的に賛同し事業に協力する個人又は団体を会員とする。

2.会員の種別は普通会員(年会費一口1千円一口以上)特別会員(年会費

一口5千円一口以上)法人会員(年会費一口1万円一口以上)の3種別と

する。

3.本会の会員になるものは、住所・氏名等を記し、所定の会費を添えて

事務所に申し込むものとする。

4.会員は、全て平等の権利と義務を有する。

5.年会費が納入されないときは会員資格を失う。

  継続年会費は12月1日から1月31日の間に納入する。

第三章 名誉会長

 第六条 名誉会長

本会に名誉会長を置くことができる。

第四章 役員

第七条 役員

本会に次の役員を置く。

1.会長       1名

2.副会長      1名

3.幹事      若干名

4.総務担当    若干名

5.会計担当    若干名

6.会計監査     2名

7.相談役     若干名

第八条 役員の就任

本会の役員は原則として御嶽神社総代会役員が就任する。

第九条 役員の任期

1.本会の役員の任期は、原則として御嶽神社総代会に準じる。

   2.交替又は増員により就任した役員の任期は、前任者又は現任者の残任期間

とする。

3.役員は任期満了後でも後任者が就任するまでその職務を行う。

第十条 役員の任務

    役員の任務は、次の通りとする。

1.会長

(イ)会長は会務を総理し、本会を代表する。

(ロ)会長は宮司と協議の上、御嶽神社発展の基礎条件を充実するよう会務を
統括・処理すると共に会員を招集する。

2.副会長

(イ)副会長は、会長を補佐し、会の調和的活動を促す。

(ロ)副会長は、会長不在の時これに代わる。

3.幹事

(イ)会長を中心に、会の円滑な活動を促す。

(ロ)神社の諸事業・行事について、神社および総代会と協議して企画・

計画等処理を執行する。

4.総務担当

(イ)会の諸活動について計画の具体化を担当する。

(ロ)本会全般の活動状況の記録等の保管並びに庶務をする。

5.会計担当

(イ)本会の出納一切の会計事務を処理する。

(ロ)会計の立場から他役員の会務を補佐する。

第五章 会計

第十一条 会計年度

本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、3月31日に終わる。

第十二条 収入金の奉賛

     本会会員の拠出する会費その他収入金は必要経費を支弁の上、こ

     れを奉賛金として御嶽神社に奉献するものとする。
第六章 総会
 第十三条 本会は、原則として会計年度終了後2ヶ月の期間内に、役員総会を開催する。

第七章        補則

 第十四条 本会規約に記載のない重要事項で必要な事項は役員会の決議をもって
これを定めることができる。

 第十五条 この規約は役員の過半数の同意をもって改正することができる。


附則  本規約は平成21年5月17日からこれを施行する。